『歴史』と『自然美』の響艶〜史跡と四季

史跡回廊 珠玉の一言 制作の現場 歴史倶楽部会報 史跡と四季
史跡と四季
歴史の仕事で各地に訪れると、予期せぬ自然美が迎えてくれる時がある。
歴史という古の空間で、自分の目に染みる自然美を眺めると、ふと仕事を忘れるほどにみとれることも多々ある。これは単に彩られた色合いというものだけではなく、人間の営みは、四季同様に変化に富んでいる。そんな感情も相まって特別な感慨に耽るのです。
私が歴史の空間を訪れて見た、『歴史』と『自然美』の響艶をご紹介致します。

(photo by:冨永一成)

※画像をクリックすると拡大します。

名古屋城
(2010年 開府400年)
名古屋城 名古屋城 名古屋城 名古屋城  

関ケ原
(天下分け目の戦い)
関ケ原 関ケ原 関ケ原 関ケ原 関ケ原

安土城
(織田信長築城)
安土城 安土城 安土城    

長浜城
(豊臣秀吉、山内一豊居城)
長浜城        

近江孤篷庵
(小堀遠州菩提寺)
近江孤篷庵 近江孤篷庵 近江孤篷庵    

永源寺
(近江国の領守佐々木氏頼が、この地に伽藍を建て、寂室元光禅師を迎えて開山)
永源寺 永源寺 永源寺    

西明寺
(織田信長により本堂、三重塔、二天門のみを残し、すべて消失された)
西明寺 西明寺      

天授庵
(細川幽斎の寄進により本堂などが再建)
天授庵 天授庵      

祟福寺
(織田信長菩提所)
祟福寺 祟福寺 祟福寺    

彦根城
(井伊家築城)
彦根城        

鞍馬寺
(義経ゆかりの寺)
鞍馬寺 鞍馬寺      


歴史倶楽部SHOP
商品一覧
戦国シリーズ
幕末シリーズ
関ヶ原シリーズ
絵画を楽しむシリーズ
カレンダーシリーズ

夢紀行

武将と城雑



歴史回廊