織田信長のゆかりの地を訪ねる〜史跡回廊【織田信長編】

史跡回廊 珠玉の一言 制作の現場 歴史倶楽部会報 史跡と四季
史跡回廊
織田信長編
聖徳寺跡
聖徳寺跡
信長は斎藤道三の娘・濃姫を正室として迎え入れた。この時、信長15歳、濃姫は14歳、典型的な政略結婚であった。信長と義父・道三が、最初で最後となった会見場所が、この聖徳寺。その時の信長は、「男根」模様の湯帷子(ゆかたびら)を着用してこの地に赴いたという。しかし、道三との会見時には、正装に着替え道三の面前に。信長を「うつけ者」と思っていた道三は驚き、信長の器量を見抜いたとの逸話が残っている。現在、寺はなく、道路脇の一角に聖徳寺旧跡と標された石碑だけが建立されている。
歴史倶楽部SHOP
商品一覧
幕末シリーズ
戦国シリーズ
関ヶ原シリーズ
絵画を楽しむシリーズ
カレンダーシリーズ
【卓上カレンダー】
日本の名城
【壁掛カレンダー】
戦国最強の12家
幕末維新12志士
【手帳】
幕末手帳(カバー11色)

戦国手帳(カバー11色)
【万年カレンダー】
関ケ原合戦図屏風
日本の名城
戦国武将
幕末維新
土方歳三 豊玉発句集

夢紀行

武将と城雑



歴史回廊